• LIFESTYLE
  • ライフスタイル。生活のお役立ち情報やカフェレポートなど様々。
QBハウス 1200円ヘアカット専門店のメリット・デメリット

【QBハウス】税込1200円のヘアカット専門店。10分の身だしなみで感じたメリット、デメリットはどうなのよ

散髪代と時間を節約してみる?10分で仕上げるあのヘアカット専門店

髪の毛を切ろうと考えてるんだけど、最近ヘアカット代がなんか高額に感じられるからまたお金のある時に・・と考えてて結局半年くらい伸びっぱなしになったことはありませんか?

ちなみに自分がそんなふうになって、いつのまにか後ろで髪を縛るようになってしまいました。りんずです。

こんばんわぁ>ω<

普段、近場のちょいとおしゃれめな美容院、それを経てご近所の美容院などでだいたい4000円くらいかかるところを利用していました。

しかし、たまに見かける格安でヘアカットしてくれるとこが気になり、もしかしたらそこでもいいんじゃねー!と思い、若干どうしようかと思いながら行ってみた場所が「QBハウス」というヘアカット専門店でした。

行ってみた結果、思ったよりいい感じに仕上げてもらえてた!というところです。今回のQBハウスでカットしてもらった時に感じた印象をご紹介しようかと思います。

QBハウスなどのヘアカット専門店とは

QBハウス 1200円ヘアカット専門店のメリット・デメリット

美容院などって、個人的に思うことといえばとりあえず電話かけて予約。だいたい何日の何時頃ね~といった感じで時間を取り、美容院に行き、だいたい1時間半~2時間半(ヘアカラーも含めるともう少しかかる)ほどかかります。

様々な場所で見かけるこの格安でヘアカットしてもらえるお店、安いんだけどどうしてやろなーと思ってました。

検索などで調べてみると、QBハウスが検出されました。そういえば最寄りのイオンモールにも入ってるねーと思いながら見てると、こんな感じでした。

  • ヘアカット専門。髪を切ってもらうだけ。だいたい10分で終わる。
  • 価格は1200円。平日シニア価格は1100円。これでも最近値上がりした。
  • 10分すぎたとしても延長料金などはかからない。
  • 予約がいらない。
  • 券売機でチケットを買い、混んでる場合はちょっと待ってる。

だいたいこういった概要。たしかに休日に時間をかけて髪を切って~とかやってるとなんかもったいない気もするんですよね!

 

QBハウスでヘアカットしてもらうまで

今回、ヘアカット専門店ってもんは初めて行くことになるので、イマイチ流れがわからん。

のだけど、なんとなく見てわかったのはまず最初にお店に入って券売機でチケットを買う。1200円入れるとボタンが光るのでそこを押す。ちなみに平日シニア割引ってもんがあって、それは1100円。おそらく65歳以上の方はスタッフの方に身分証明書などを見せる必要があるのかなと。

 

平日のお昼過ぎのイオンモールに入ってるQBハウスだったんですが、平日だと思ってお客さんあんまりおらんやろーと思って侮ってたら大間違い。前述の平日シニア割引の影響か、年配の方がけっこういっぱいいたんですね~。

カット専門ってことで男性ばかりかと思えば、女性も意外にいました。どちらも年配の方ばかり。そこそこ若そうな人もいました。こちらは男性だけ。

 

自分の前に4~5人ほどいたのでお店の外の腰掛けに座って待つことに。それを経て店内で待ち、およそ20分くらい。

この時はスタッフさんが2人常駐してて、一度に2人カットしてたので流れは思いのほか早かった印象。やはりだいたいひとり10分くらいでした。

 

実際に切ってもらったときの印象

スタッフさんに通され、どんな感じにしてもらうかを話します。

今回は伸びすぎた後ろの髪は短めにしてもらいつつ、なんか輪郭は隠したいので前髪とか横あたりはそこそこに残してもらいたい、みたいにけっこうざっくりとした感じで伝えた感じでしたが、あとはだいたいお任せでお願いします、というふうに。

こういった1200円のカットだけだからあまり細かい指定とかめんどくさいと思われるんじゃないかなーとか結構思ってたんですが、カットしていく時に色々確認も取っていただけたので良かったですね~。

しかも、こちらがイメージしてた通りになってた雰囲気だったのでさすがプロか!と感心してしまいました。

 

独断と偏見で感じていた、安かろう悪かろうというようなことは無かったですね!

もしかしたら、希望の髪型の写真を持っていけばそのままやってくれるかと思います。ただ10分くらいという短時間でやるには難しいような形状は実現できるかどうかはなんともいえないところかと。

 

感じたメリット デメリット

QBハウス 1200円ヘアカット専門店のメリット・デメリット

QBハウスでヘアカット。所要時間は待機で20分くらい、カットで10分ちょっとくらいということで約30分ほどという結果になりました。

そこで個人的に感じたメリットとデメリットをまとめようと思います。

 

メリット
  • 思い立った時に行ける(予約不要)

美容院や床屋であれば、事前に予約の電話をして日にちと時間指定されるものですが、電話がめんどい、ってかそもそも電話嫌いなほうなので、予約不要で思い立った時に行けるのはありがたいと思います。

  • 時間もお金も節約。

所要時間10分というのはかなり嬉しいかも。1時間半~2時間くらいの拘束はけっこう負担があるかと思うんですが、それが大幅に短縮されるのはいいですね!今回はイオンモールに入ってる場所だったので、買い物のついでといった目的でも利用できました。

代金も安く、普段利用してた4000円くらいの美容院と比べれば格段に節約可能!と思われます。

  • 思ってたよりいいふうに切ってもらえた

10分くらい、そして1200円ってことなので、もうホントにただ髪を切るだけ!みたいな印象でした。

極端なことを言えば、バリカンでどーん!はい終わり!とか、五分刈り!それ以外は受け付けん!みたいなんじゃねーと思ってたんですが、しっかり要望を聞いてもらえ、更にそれをしっかりやってもらえました。技術面に関しては申し分なかったです。

勝手に変な印象持ってて申し訳ございませんでした!

  • 接客もよかった

QBハウスのスタッフさんの接客もよかったですね。ちゃんと鏡で確認を取ってもらいながら切ってくれます。

だいたいお任せしてた部分もあったんですが、遜色なく仕上げてくれました。

入退店の時もしっかり声をかけてくれて、印象はよかったと思います。

 

デメリット
  • ヘアカット専門なのでそれ以外はなし

シャンプーやドライヤー、そして顔そりなどのサービスは一切ありませんでした。って10分の間でそれをやれってのは横暴ですが。

なのでだいたい解ってて行くと思うんですが、例えばヘアスタイルをワックスなどでガッチガチに固めて行くともしかして拒否られるかもですね~。

時間がかかるとはいえ、美容院とかでシャンプーやってもらうのってホント気持ちがいいんですよね~。あれが無いのは少し寂しいかも。

  • 混雑してる時はなんか待ってるの微妙

券売機でチケットを買った後、混雑してる場合は腰掛などに座って待ってるんですが、なんかその環境がリラックス出来なかった部分が。

別にダメってことはないけど、そこまで居心地がいいかといえばそうではないかと。知らん人と長いソファーみたいなとこに並んでべったりと待ってる感じ。

整理番号発行して、ちょっと好きなとこで待ちたいかもーと思いました。

  • そもそも初めて行くときに敷居が高い

お店の中に券売機があるんですが、初めて行く場合、そもそも店内に入るのがなんか緊張する。

初めて行く美容院などでもそういうことあるので、別にヘアカット専門店だけのデメリットってわけでもないんですがね。

  • 電子マネー使えんかった!(WAON使えず)

イオンモール内のQBハウスだったんですが、とりあえずイオンモール内=WAON様の独壇場みたいな感じで、どこでもWAON使えると思いこんでしまうんですが、QBハウスでは対応してなかったんですね~

これは店舗によるものかもしれませんし、ほかの電子マネーが使えるという可能性もあります。

ちなみに、同じイオンモール内にあるH&MでもWAON使えないと言われてなんじゃそれ!と思ったこともありました。

まとめ 1200円のヘアカット専門店「QBハウス」を利用してみて

最初は、すっげぇどうしよう・・と思ってた格安のヘアカット専門店。実際行ってみたところ、けっこうよかった!という結果でした。

行くまでの印象は、年配の人とか、髪型にまるでこだわらないファッション性に疎い感じの人とかが妥協して切りに行くというどちらかというとネガティブめの印象で捉えていました。

しかし、実際はそんなことは全然なく、ちゃんと要望通りに切ってもらうことが出来、また利用してみたいとさえ思いました。

時間やお金などの節約にもなるのでは!とも思われます。

 

例えばヘアカラーとか、シャンプーやヘアコンディショナーなどのメンテナンスも兼ねてであれば美容院でお金と時間をかけて行こうかな、と思いますが、今回はカットくらいでいいかなーという時であれば、こちらのほうがメリットは大幅に勝っている!という印象でしたね!

 

髪を切りたいけど、時間もお金も取られるのはなんかなぁ・・って思われる場合、QBハウスなどのヘアカット専門店も候補に入れてみてはと思います。

 

  • QBハウス 公式サイト

https://www.qbhouse.co.jp/

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。