iPhoneのディスプレイが変わると基本操作も変わるね!と分かる範囲でまとめてみた。

iPhoneのディスプレイが変わったら意外に戸惑ったんだが・・・

iPhoneXRに機種変更してからそろそろ1週間経つかな?という感じで操作にも慣れました。操作自体は1日で馴染みましたが、そういえば電源を切る(再起動)とか、スクリーンショットを撮る、などの操作方法はまだそこまで慣れていなかった!ということでiPhoneXからリニューアルしたディスプレイでの操作にもっと馴染むために色々とまとめました。

2017年にiPhoneXシリーズに換えた方が見れば何を今更!という感じではありますが、いざ自分で持つとやはりネットで色々と調べてしまいますね~

備忘録も兼ねています。

 

iPhoneXRでの基本操作

ホームボタンひとつ無いだけでここまで操作性って変わるもんなんだな、と実感しています。寒い時期になってくるのかが原因かよくわからないんだけど、iPhone6sPlusのホームボタンがパキパキな音がして固くなってしまいますが、それもご愛嬌とすら思えるくらいになりました。

iPhoneXR、そしてXSやXS Maxのディスプレイの基本操作はこうなります。

ホーム画面

画面の下に白いバーがありますが、それを上に向かってスワイプします。「上にスワイプして開く」とナビゲーションしてくれます。

つい画面中央あたりから上へ向かってスワイプしたくなってしまいますが、下のバーに触れていないと開きません。ちなみに中央あたりからスワイプすると通知の画面に遷移します。うちのiPhoneはあまり通知来る設定にはしていませんが、もともとあまり来ないですね~・・・

 

タスクの一覧

様々なアプリを開いていると、ついタスクの一覧が貯まりまくっていることが多いと思います。

今までは待ち受け画面でホームボタンをダブルクリックする要領でカチカチーっと押していましたが、XRでは待ち受けの画面を下からスワイプして画面真ん中あたりで一旦止めて軽くホールドする感じでタスク一覧が出ます。

すぐに慣れましたが、最初は少し戸惑いましたね~

 

タスクを終了

タスク一覧を開きます。(上述のやり方)

対象の一覧から上へスライドさせる感じで動かすとアプリを終了できます。

個人的にいつもタスク貯まってるので何度も上に指を滑らせまくってますね。

 

コントロールセンター呼び出し

音量や画面の明るさ、Wi-FiやBluetoothなどの切り替え、アラームや電卓、ライトON、OFFとけっこう便利な機能が付いているコントロールセンターですが、画面右上からスワイプして呼び出します。

よく見ると灰色のバーがあります。目立たなくてわからん!というくらいですが、そこに触れて下に滑らせてみると呼び出されます。

スクリーンショット撮影

サイドボタン(本体右側に付いてるボタン)と本体左側にある音量ボタンの上のほうを同時押下。指を離すと撮影します。

なんかカメラのレンズに指が入りやすくなった気がするのは自分だけでしょうか・・。

 

検索・Siri

画面下部分から下方向にスワイプ。

なにげなく使ってるんだけど、検索したい時に便利かな、と思います。

そういえば個人的にヘイSiriなんて言ったことはないけど。

 

他に気づいたら更新していきます。

 

まだイマイチわかってないこと

電池残量の%表示

画面右上に電池残量が表示されていますが、%表示がありません。以前は設定から「バッテリー」→「バッテリー残量(%)をオンにすればよかったんですが、現在わかるとこではコントロールセンターを呼び出すことで表示されます。ちょっとめんどい。

 

LIVE Photo

撮影するときに前後数秒のムービーも一緒に撮る機能。最初のうちは面白いんだけど、数回使ってまぁええわーとなる可能性があったりします。

撮影するときに「ポコ」みたいな音がします。スタンダードの撮影の「カシャ」という音よりはうるさくないので嫌いではないですが、今のとこデフォルトで解除する設定がわからん・・・。もしかしたら設定にあるかもしれんけど。

 

まとめ

使い込むと色々機能が変わってると実感しますね~。

他にも細かいところで使いにくいとか違和感の出る場所があるかもしれません。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。