iPhoneXRが10月26日発売開始!6sPlusから乗り換えてみて思ったことなど。

iPhoneXRが10月26日発売!機種変更してきた!

iPhoneXS / XS Maxが2018年9月ごろ発売され、それに遅れることだいたい1ヶ月くらいでしょうか、2018年10月26日、遂にiPhoneXRが発売になりました。

ちょうど自分の使用していたiPhone6sPlusが辛くなってきたので、今回思い切って乗り換えました。ついでにソフトバンクからドコモに乗り換えました。田舎にはソフトバンクが電波的につらい場所もあったり、ある契約について半年もグダグダになって、こりゃいかん!という理由もあったのですが・・

今回、10月26日のお昼頃、ドコモショップに行ってiPhoneXRに機種変更できました。

 

iPhoneXRのスペックや使ってみた感。

iPhoneXR Liquid Retinaディスプレイとは。

iPhoneXSやXS Maxが店頭に並んでいるのを見て、これはいいなぁ・・と思っていました。

iPhoneXから始まったディスプレイ。XやXS、XS MaxではSuper Retinaディスプレイであり、XRはLiquid Retinaディスプレイと呼ばれているそうです。

Liquid Retinaディスプレイとは、高度なカラーマネジメントで、驚くほど正確に美しく再現するとかでとりあえずスゴイ!鮮やか!という感じですね!(貧相なボキャブラリーがばれる)

しかし、今まで使用していた6sPlusと比較すると、やはり見ただけで鮮やかさは違います。

 

ディスプレイが大型化。実はiPhoneXSより少し大きい6.1インチ。XSは5.8インチになっています。単純に大きい画面がいいもん!と思う方はおススメになりそうです。XS Maxは6.5インチとかなり大型になりますが、価格面でも色々考えることがあります。

iPhoneXRのカラーバリエーション

iPhone買ったとしても、カバーでだいたい隠れるんじゃねーと思いつつも、本体のカラーでけっこう悩んでしまいます。やはり最低2年以上は使いたいiPhoneなので、気に入らないカラー使っててもやはり楽しくない。

ですが、iPhoneXRは様々なカラーバリエーションがあるんですね。

今回は

  • ブルー
  • ブラック
  • イエロー
  • コーラル
  • レッド(PRODUCT)
  • ホワイト

の6種類。背面はアルミフレームとガラスパネルですね。

以前、知り合いにiPhone8のプロダクトレッドを見せてもらったことがあって、これはイメージよりかっこよかった!という印象があり、今回もXRでプロダクトレッドがあったので選びました。

嫁氏はコーラル。思いのほか濃いピンクやオレンジ的な印象。

ブルーやイエローの人気はいかに!と思います。昔からアップルの製品を使う人はブラックやホワイトを選ぶのだろうかねーと勝手に思ってます。裏面がミラーみたいになってるのが懐かしい人のような感じです。

  • (PRODUCT)REDのPRODUCTとは?

プロダクト(RED) (RED)とは、は、グローバル消費財メーカーが、(PRODUCT)RED という共通ブランドの商品を開発・販売することで挙げた収益の一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)に寄付することによって、 アフリカのエイズ対策プログラムを支援する仕組みです。

引用:グローバルファンド日本委員会

 

少し使ってみる

実際に少し使ってみたところ、今まで使ってた6sPlusより少しだけ小さいけどむしろ画面はXRのほうが大きく見えます。そしてきれい。使っててやはり楽しいです。まだアプリなどの移動が終わってないので、作業してる感が強いです。

そしてiPhoneXR対応の保護ガラスやカバーなどがまだあまり豊富に出揃っていない感があり、あまり選べないかもという印象がありました。販売1週間くらい前からもっと出てきそうな気もしたのですが・・

しかしこれから種類がそろってくるかなと思います。

とりあえず、XR対応の保護ガラスを購入して貼っておきました。今回はブルーライト軽減する系です。

 

背面を防護するカバーはまだ購入していないのですが、ネットや自分の足で気に入るものがあれば探したいですね~。そういえば以前気になってたウェイリーはXRも対応するんだろうか・・。



ホントにどこでもくっつくのかよ!と思ってるのでXRに換えたきっかけで買ってみようかと思ってます。

 

まとめ

コスト面でも機能面においても、iPhoneXRはかなりイイネ!と思います。

どうしてもXSやXS Maxにしたい!というわけではないのなら、XRいいよー!とおススメしてしまいます。きょうびの携帯電話は10万円以上!っていうのはやはりなんだかキツイし!

これから買い替えようかな、と思うなら候補に入れてみてもいいと思います。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。