• LIFESTYLE
  • ライフスタイル。生活のお役立ち情報やカフェレポートなど様々。

国内最大700品種、300万本の規模!2017となみチューリップフェアに行ってきた!

2017となみチューリップフェアに行ってきました。

今年はまあいいかーなんて思いながら結局ほぼ毎年行ってしまう、富山県砺波市のとなみチューリップフェア、今回も行ってきました。りんずです。

こんばんわぁ>ω<

国内最大700品種、そして300万本のチューリップが咲き誇る、この砺波チューリップ公園。この時期は砺波チューリップ公園だけではなく、街中の色々な場所にチューリップが植えてあるという、まさに砺波市は花の街となってます。

今年2017年、となみチューリップフェアはどうだったでしょうか。

 

今年は県産チューリップ球根栽培100年目

いつも砺波チューリップ公園は北門から入るのですが、今年は県産チューリップの球根栽培が100年目を迎えたということで、ゲートのデザインが100となっていました。

ちなみに、人が写らない感じで写真を狙ったのですが、なかなか人の流れが途切れず、かなり一瞬の隙を狙いました。人多すぎ!毎年のことながらですが。

 

さっそく中へ そしてタワーからの地上絵

北門から公園内に入ると、相変わらずそびえるチューリップタワー。なんか来年くらいからデザイン変えるって噂を聞いたけど、うろ覚えレベル。そしてこの行列。

そのチューリップタワーを背景にプリンセスチューリップと呼ばれるお姉さんたちがお客さんの写真を撮ってみたり、一緒に写ってみたり・・。俺もいっしょにー!と思ったのですが、人気っぷりが凄くて打ちのめされて帰ってきました。くそう!

そして、そのチューリップタワーへ登る行列は・・

毎年チューリップで色々なデザインを作る大花壇。この地上絵を展望台から眺めるため。自分もだいたい並んで登るのですが。

今年はなんか並ぶの辛くて展望台の階段の降りた先あたりで眺めてみた。

なるほど、わからん。

ただ、やはり壮大で凄いよね~って思います。デザイン描き起こしから品種の選別、植える・・というこの手間は簡単には出来ないですよね~。

地上絵のチューリップ、こんな感じで敷き詰めたように植えてありました。

 

雪の大谷を表現した

富山で有名な、雪の大谷をイメージした、「花の大谷」に入ってみることに。

道の両側に白系のチューリップを中心とした花の壁が迫る!

うおおお崩れてきたぞー!なイメージ。

ほんとはフルサイズ機で広角で壮大な感じを出すために寝そべって煽ったような写真を撮りたかったんだけど、それはあまりにも傍目から見て不審者なのでやめておいた!くやしい!

2017となみチューリップフェア いろいろ

オランダ花壇を再現したような場所。

これは美しい。チューリップだけでなく、ムスカリやワスレナグサもアクセントとして植えてあり、とてもきれい。うちの裏にもこんな花壇作りたい!しかしうちの裏では似合わん・・・

八重咲き系のチューリップもいいですね~~

パッと見チューリップに見えないような品種です。だが、それがいい。

 

チューリップ四季彩館。おみやげ、カフェもあります。

館内にも無数のチューリップが展示されてあり、皇室献上品の品種などもありました。今年はチューリップソフトは食べなかったですね~。昨年食べてみて、チューリップの味とはいったい・・と思ったしな。

 

公園の外、チューリップの畑が見えました。これはきれい!

チューリップを栽培する農家、ってあまり馴染みはありませんが、花を育てるという職を生業とするのって、なんだか素敵ですね!

年1で登場?もしかしたら富山県内のご当地キャラ的なイベントに出るかもだけど、個人的にはやっぱり年1で会える、チューリくんとリップちゃん。

しゃがむと足が消えて花の部分だけになるというなんだかシュールな姿になるけど、愛嬌があっていいかも。

 

まとめ

メインはやはりゴールデンウィークで、とくに暦的に祝日となる5/3~5/5はピークになると思います。

かなりの来客数で、国内だけでなく、海外からも訪れる人は多いようです。

4/30現在、満開の状態になっていました。たまに咲き終わった品種もあったようですが、ほぼ全部咲いてます。ぜひ2017となみチューリップフェア、行ってみてきれいなチューリップに癒されてくださいね!

 

入場:

 

公式サイト

http://tulipfair.or.jp/fair/

期間:4/21~5/5

入場:1000円(おとな)300円(こども)小学生未満無料

時間:8:30~17:30

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。