過去記事は決して無駄にはならない、ということを知る。

リニューアルしたって言っても記事消しはしないほうがよかったのか

当ブログ、LR-LABOは最初ことりっぷみたいなトラベルサイトにしたいなぁと思って、旅行した記事を数記事書いてみたんだけど、すぐにネタが尽きて放置ということをしてしまったりんずです。

こんばんわぁ>ω<

旅行系ブログってただひたすら旅行行ったとか書けばすぐに記事数稼げるんじゃないかな、と思ってたんですが、実はそうでもなかったですね~。

 

消した記事が検索にかかることがある

IMG_2664_R

静岡に旅行したことがありまして。その記事を数件書いてそのまま放置してました。旅行の記事って、行って帰ってきてすぐだとまだ楽しい思い出が鮮明に残ってるので色々書けるんですが、1ヶ月とか経ってくると印象がどんどん薄くなっていきますね。それでも、楽しかったな~という思い出は残るんですが、具体的にどこがどう印象に残ったか、などは薄れていく気がします。

今回静岡に行った、ってのも富士山を色んなとこから見たなーとか海がきれいだったなーとかがだいたいで、あとは写真を見ながら細かいとこを思い出していく、みたいな感じになってきます。

それで続かなくなってきて、数か月放置したのち、記事を全消ししてここをリニューアル。

しかし、検索には残っていたようで、ワードプレスのダッシュボードに検索の履歴が出てくるんです。消した記事のキーワードが。例えば「静岡 富士山の絶景ポイント」みたいな感じで。

せっかく来ていただいたのに、ページが見つかりませんという結果を見せることになることに。これはかなりしまった・・・・という状態。

 

消してしまったのは仕方がないってことで・・・

消した記事のバックアップ残ってないけど、また書くか!という気持ちが沸いてきました。

ちょうどここのブログはジャンル特化型という形は取らないので、ワードプレスのデザインやブログのPVを伸ばす方法を書いてみたり、片や旅行で行ったおススメスポットを書いていくといいと思います。

なんて書いてるとやっぱ過去記事消さなきゃよかったなぁああああ!と後悔しかしないのであったわけだが・・・。

 

既に前の記事で、出来るだけ早く100記事達成するぞ!とか言ってるので、まずは色々書いてみたいと思ってます。

 

ちょっと早いけど、まとめ

自分にとって無駄だった!という記事も、実は検索してきた人にとっては大切な情報が含まれていた可能性も否定できないということがあります。

ブログを書いてて、なんかこれは自分の書きたかったことじゃないな。と思って思い立って記事を全消ししてリニューアル、またイチから始めよう!と思っても、まずはほんとに記事を消すべきかどうか一度考えるべきだと思います。

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。