• 雑記
  • チラシの裏的なことや、その他雑記。
  • HOME
  • ブログ
  • 雑記
  • 椎間板ヘルニアと坐骨神経痛という症状とはどんなものか。俺氏入院する。

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛という症状とはどんなものか。俺氏入院する。

俺氏、入院する

最近腰が痛いわね~と思いながら生活してたんだけど、先月くらいから急激に悪くなって、しまいには足の付け根から激痛が!ということで病院で診てもらったら・・・

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛でした!りんずです。

こんばんわぁ( ゚д゚ )

なんだそりゃ!それは実はけっこうキツイんじゃないかね!

 

椎間板ヘルニアとはー

生活環境、仕事の環境、そして細かいとこ言えば普段の姿勢とか、事故で腰を悪くしたとか、普段の食事、年齢などが原因で椎間板ヘルニアにかかる人が多いのではないかと思いますが・・・

自分個人としては、仕事の環境と姿勢、あと食事もあったのかなぁと思います。仕事はとくに重いものを運んでみたりとか、中腰で作業せざるを得なかったときとか。

椎間板ヘルニア

椎間板・・・背骨と背骨をつなぐ軟骨。

下のほうの腰椎では、体重の約2/3を支えている状態で、年齢を重ねるごとに少しずつ弱くなっていくようです。

椎間板が弱くなると腰椎部の脊柱管に向かって飛び出し、それが神経に作用して痛くなることをヘルニアといいます。

とのことだった・・

 

坐骨神経痛とはー

んで、右足の付け根、おしり部分からつま先くらいまで痛みやしびれが出て、調子が悪いと歩くことすらままならない状態。腰の痛いのも伴って、歩き方がおじい歩きみたいになってしまってます、りんずです。

こんばんわぁ( ゚д゚ )

坐骨神経痛

坐骨神経痛という病名ではなく、おしりや足部分の痛み、しびれ、締め付け感などの一連の症状のことを指します。なので、今現在足が痛いのは坐骨神経痛なのであろうかと。

 

ついでに内科でひっかかる俺氏

stethoscope-1584223_640

まあけっこう痛むということで、手術も念頭においての話を進めましたが・・・。

俺氏、内科でひっかかる( ゚д゚ )

まさか整形外科で血液摂るとか思わなくですね!いやもしかしたら常識なのかもしれなかったんだけど、自分が知らなかっただけっていうだけかもしれないんですけどね・・。

まぁ知ってはいたんだけど、血糖が高かったわけだ!このまま手術に踏み切ると、なんか感染症にかかる恐れがあるとかなんとかで、内科からGOサインが出ず、しばらく血糖コントロールをしましょうということで、予定より少々早い入院となってしまい、前に整形外科にかかったあとの内科、そして再び整形外科にかかり、緊急?みたいな形で入院となってしまったのでありましたと!

急かよ!と思ったのですが、手術の予定日の兼ね合いもあり、血糖コントロールをするならば早くからしたほうがいいぞーということで即入院ということに。

 

と、いうことで・・

入院1日目となったのですが、足腰、ついでにいえば血糖値もあかんレベルなのですが、上半身はいたって元気なもので、ヒマすぎる!外出てもいいかね!と談判したら却下でした!まあ言ってみただけなんだけど。車も持ってきてないし(腰痛いけど運転はそこそこ大丈夫、長距離はツライ)

ひたすら病室でどう過ごすかを考えてみる。幸いPCは持ち込んでもよかったので、病室ではなく、談話室的なとこのテーブルでブログなんぞを更新してみる。とりあえずはこんな過ごし方だろうな・・。

 

普段なかなか思わないけど、健康ってホント素晴らしいと思います。今更過ぎるんだけど。

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。